血と汗となみだを流す

クラウドエンジニアになるための修業の場

Red Hat OpenShift on AWSのクイックスタートページの紹介を読んだ

元のページ

訳しながら読んで見る

目的

  • 英文を読む練習

概要

This Quick Start sets up a cloud architecture and deploys Red Hat OpenShift Container Platform on AWS.
Red Hat OpenShift Container Platform is based on Docker-formatted Linux containers, Google Kubernetes orchestration, and Red Hat Enterprise Linux (RHEL).
The Quick Start includes AWS CloudFormation templates that build the AWS infrastructure using AWS best practices, and then pass that environment to Ansible playbooks to build out the OpenShift environment. The deployment provisions OpenShift master instances, etcd instances, and node instances in a highly available configuration.
  • このクイックスタートは、
    • AWS CloudFormationのテンプレートが含まれています。
      • AWSのベストプラクティスを使用したインフラストラクチャです。
      • この環境をAnsible Playbookに渡して、OpenShiftの環境を構築します。
This deployment also includes AWS Service Broker, which provides direct access to AWS services on the Red Hat OpenShift Container Platform.
  • Deploymentは以下を高可用性をもった構成でprovisioningします
  • DeploymentはAWSのサービスブローカーも含んでいます。
    • サービスブローカーはRedHat Openshift Container Platform上のAWSのサービスへの直接アクセスを提供します。

What you'll build

Use this Quick Start to automatically set up the following Red Hat OpenShift environment on AWS:

A virtual private cloud (VPC) that spans three Availability Zones, with one private and one public subnet in each Availability Zone.*
An internet gateway to provide internet access to each subnet.*
In one of the public subnets, an Ansible config server instance.
In the private subnets:
Three OpenShift master instances in an Auto Scaling group
Three OpenShift etcd instances in an Auto Scaling group
A variable number of OpenShift node instances in an Auto Scaling group
  • このクイックスタートを使って、AWS上に以下のRedHat OpenShiftの環境を自動的に設定します。
    • 3つのAvailability ZoneにまたがったVPC
      • それぞれpublic/privateのsubnetを持つ
    • それぞれのsubnetからインターネットへのアクセスを提供するInternet Gateway
    • Public Subnetの1つに、Ansible config serverのインスタンスを配置
    • Private Subnetに以下を持つ
      • オートスケーリンググループ内に配置された、3つのOpenShiftのmasterインスタンス
      • オートスケーリンググループ内に配置された、3つのOpenShiftのetcdインスタンス
      • オートスケーリンググループ内に配置された、可変するOpenShiftのnodeインスタンス
The Quick Start places the OpenShift instances in Auto Scaling groups, but doesn’t enable scaling. The number of master and etcd instances are fixed at three (one per Availability Zone). Nodes can be set to a variable number and are distributed among the selected Availability Zones.
  • クイックスタートはオートスケーリンググループ内にOpenShiftインスタンスを配置しますが、
    • オートスケール設定を有効にしません。
    • masterインスタンスとetcdインスタンスの数は3つに固定されます。
      • Availability Zoneにつき1つです
  • Nodeインスタンスは可変で配置でき、選択したAvailability Zone内に分散されます。
The Auto Scaling components of the Quick Start use Amazon CloudWatch Events and AWS Systems Manager Run Command to call on-instance scripts to configure instances within the OpenShift cluster. 
The scripts query the Amazon EC2 Auto Scaling APIs to determine whether any changes were made to the Auto Scaling groups within the cluster. 

If changes are found, the script takes the appropriate action. 

How to Deploy

To build your Red Hat OpenShift environment on AWS, follow the instructions in the deployment guide. 
  • AWS上にOpenShiftの環境を立てる場合、deploymentガイドに従ってください。
The deployment process includes these steps:
  • deploymentプロセスはこれらのステップを含みます
1. Sign up for a Red Hat subscription.
2. If you don't already have an AWS account, sign up at https://aws.amazon.com.
3. Launch the Quick Start. Each deployment takes about 1.5 hours. You can choose from two options:
  - Deploy into a new VPC
  - Deploy into your existing VPC
4. Set up DNS if you're using a DNS service other than Amazon Route 53.
5. Verify your deployment by using the OpenShift Command Line Interface (CLI), and connect to the OpenShift web console.
  • 1.RedHatサブスクリプションにSign Upします。
  • 2.AWSアカウントを持っていなかったら、AWSにSign Upします
  • 3.クイックスタートを起動。以下どちらのdeploymentも1.5時間ほど掛かります。
    • 新しいVPCを作ってdeployする
    • 既存のVPCにdeployする
  • 4.Amazon Route 53以外のDNSサービスを使っている場合は、DNSを設定します。
  • 5.OpenShift CLIを使ってdeploymentを確認し、OpenShiftのWebコンソールに接続します。
To customize your deployment, you can configure infrastructure settings, OpenShift nodes, DNS settings, the Ansible Playbook version to use, and whether to enable AWS Service Broker.
  • deploymentは以下のカスタマイズを設定できます
    • インフラストラクチャのセッティング
    • OpenShiftのnode
    • DNSの設定
    • 使用するAnsible Playbookのバージョン
    • AWS Service Brokerを有効にするかどうか

Cost and licenses

You are responsible for the cost of the AWS services used while running this Quick Start reference deployment. 
There is no additional cost for using the Quick Start.
  • クイックスタートリファレンスのdeploymentを実行している間に発生したAWSサービスのコストは、貴方が負うものとします。
  • クイックスタートを使うための追加費用はありません。
The AWS CloudFormation template for this Quick Start includes configuration parameters that you can customize. 
Some of these settings, such as instance type, will affect the cost of deployment. 
For cost estimates, see the pricing pages for each AWS service you will be using. 
Prices are subject to change.
  • このクイックスタートのAWS CloudFormationテンプレートは、カスタマイズ可能なパラメータが含まれています。
  • これらの設定の一部(インスタンスタイプなど)は、deploymentのコストに影響をあたえます。
  • コストの見積もりについては、使用するAWSリソースの料金ページを見てください。
  • 料金は変更されることがあります。
This Quick Start requires a Red Hat subscription.