血と汗となみだを流す

クラウドエンジニアになるための修業の場

Amazon LightsailでAmazon Linuxのサーバを建てたら優しさに溢れていた

概要

いろいろ触ってみた

  • WordPressとかLAMPとかプレインストール済みのインスタンスもすぐ建てられる! f:id:Anorlondo448:20181018175103p:plain
  • ロードバランサやDBも建てられるっぽい?! f:id:Anorlondo448:20181018190627p:plain f:id:Anorlondo448:20181018190556p:plain

  • 起動はAmazon Linuxだと30秒くらいで、EC2普通に建てるよりだいぶ早い!!!

  • AWSコンソールのEC2/VPCを見たけど、建てたインスタンスVPCは見えなかった(別空間?)
  • セッションマネージャーのような、ブラウザでCLI操作ができる!接続簡単!
  • ユーザはec2-user。suしたらrootにもなれる! f:id:Anorlondo448:20181018175122p:plain
  • httpd入れてApache起動したら、グローバルIPから80にアクセスできた f:id:Anorlondo448:20181018180017p:plain
  • デフォルト22と80が空いているっぽい!よく使うからね! f:id:Anorlondo448:20181018175138p:plain
  • rebootできた!しばらくしたら再接続可能となった
  • rebootによるパブリックIPの変更は無し! f:id:Anorlondo448:20181018180326p:plain
  • CPU/Network IN/OUTなどのメトリクスがみれた! f:id:Anorlondo448:20181018182437p:plain
  • ネットワーク関連の設定を一切しなくても、Public IPとPrivate IPが自動で振られた! f:id:Anorlondo448:20181018182951p:plain
  • Private IPはVPC Peeringで別VPCと接続した時の通信に使うっぽい
  • VPCPeeringの設定は「アカウント」内にある(ちょっと難し目の設定は切り離されてるのかな?) f:id:Anorlondo448:20181018183104p:plain
  • 「法律上のおしらせ」という、プライバシーポリシーやカスタマーアグリーメントページへのリンクがあった f:id:Anorlondo448:20181018184600p:plain
  • 全体的に親切&あちこちでテンションが高くて何か嬉しくなる f:id:Anorlondo448:20181018175216p:plain f:id:Anorlondo448:20181018183848p:plain

EC2を普通に建てたほうが良さそうな点

  • 自分でprovisioningしたり、ネットワーク調整(Publicアクセスしないようにしたり)したいときとかかな・・?
  • 他のリソースに繋ぐときは、リソースがあるVPCとVPCPeeringして繋ぐ形になるので、他リソースと接続する前提なら普通のEC2のほうがよいかも

感想

  • 全体的に優しさに溢れていてわかりやすい&親切!
  • 料金体系わかりやすい&安い
  • ちょっとした検証をしたいときなど、手軽に建てらててすごい便利
  • Lightsail使っていくぞ!