血と汗となみだを流す

クラウドエンジニアになるための修業の場

SendGrid Send With Confidence Tourに参加しました

この記事は何?

Eメールはオワコン?

  • メールの利用自体は増え続けている
  • メールによるコミュニケーションが好まれている
    • デジタルコミュニケーションに必須
    • 最も普及しているデジタルID
    • あらゆるWebサービスのIDとして利用されている
      • ECサイトSNSの登録時はメールアドレスがほぼ必須
    • 一般消費者がセキュアに利用可能
    • 非常に高いROI
  • 用途は変化したがメールは生き続け、サービス提供の上で必須なものとなっている

難しいメール配信

  • 正当なメールの20%が受信トレイに到達していないという調査結果がある

メール戦略

  • EメールはどのチャネルよりもROIが高い
    • $1投資で$38のリターンがある
  • 送られる時間、件名の長さ、絵文字の使用などの違いによる効果を知ることが大事
  • 近年メールを送る件数は減っている
    • 対象をしぼってメールを送ることで開封率やクリック率をあげる
  • 誰が購読者であるかを理解することにより、戦略を建てる
    • 女性が多い、モバイルが多い、など
  • よく寝られた戦略をもってメールを送信する必要がある
    • Subject Line(件名)
    • Copy(コンテンツ)
    • Image(画像)

Subject Line(件名)

  • 最初に購読者の目に入る物
  • これが購読者の心に響かないと行けない
    • ディスカウントだったり、質問だったり、続きが気になるようなもの
    • 懸命にいくつの単語を含めるのがよいか
      • 7単語 が平均的(英単語で?)
      • 4単語が最もengagementが高い
  • モバイル機器で長い件名は不利
  • 絵文字は?
    • 何を提供しているかがわかりやすい
    • 受信箱の中で目立たないといけない
    • 差別化はできるけど、受信箱の中で目障りになってしまうかもしれない
    • 受信箱に正しく表示されるのかテストが必要
  • 件名にFirst Nameを使ってもengagementは上がらない
    • 「◯◯さんにオススメ!」みたいなやつ
  • First Name以上の何らかの惹きつけるものが必要

Copy(コンテンツ)

  • 統一的なトーンを使う
  • ユーモアなど、購読者に響くものを使う
    • あえて砕けた表現をつかって、限定的な層を狙うなど
  • 誰かを排除するようなトーンは使わない
  • いろいろなデバイスで受信されるので、デバイスにあった表示方法
  • メールに商品情報を載せてしまって、商品購入までのステップを減らす

Image(画像)

  • 多くの画像を入れすぎないようにする
  • たくさん画像を載せるのでなく、メールの内容に合うものを入れよう

メール送信者と受信者の関係の構築

  • 受信者が送信者をどう考えているか?を考える
  • Eメールの開封率やクリック率が低い場合は、受信者との関係を見直さないといけない
  • SendGrid側で実績や数値などのレポートを作成している
  • 信頼関係を増すには「特別感があるか」など、購読者第一を考える
  • コンプライアンスも重要
    • 地域性による規制
    • 日本でもメール送信の同意が必要であり、解約方法も明示的でないといけない。

SendGridについて

  • 74,000以上のユーザが利用している
  • 毎月450億通以上のメールを送信しており、送信件数は増加の一方である
  • SendGridの支部は日本に無いが、株式会社構造計画研究所が代理店をやっている
    • 日本語Webサイト/ドキュメント/サポート/日本円決済などの日本向けサポート
  • SendGrid社がTwilioによる買収されるが、SendGridのサポートに変化はない
  • 毎年ベンチマークレポートを出している
    • 近年メールを送る件数は減っている
    • 対象をしぼってメールを送ることで開封率やクリック率があがる

SendGridの始め方

  • サイトアクセスし、アカウント作成する
    • 悪用されるのを防ぐために、アカウント作成の前に審査がある
  • 無料で12,000/月送信可能で、ほぼすべての機能が使える